KaReN
 

設立趣意

 近世幕藩体制下において最大の藩である加賀藩は、藩の理念型、かつ特殊型とも考えられ、日本近世という時代の解明にとって重要な研究対象である。さらに、加賀藩は、現在の地域アイデンティティーの形成にも強い影響力を与え続けている歴史的要素であり、地域住民の興味・関心の対象でありつづけている。

 加賀藩を対象とした研究(支藩を含む)は、今日まで、全国で様々な分野の研究者、自治体・大学等諸機関によって進められ蓄積されてきた。しかしながら、これらの研究は、基本的には個々の研究環境の中で個別分散的に果たされ、分野横断的な共同研究も短期的には行われているが持続的なものではなく、様々な研究者が総合的に「加賀藩」という研究対象について議論する場は限られていた。さらに、現代の地域社会の在り方と深く関る対象であるにもかかわらず、研究者と地域住民が共に考え、双方向に交流する場も十分であるとはいえない。

 一方、現在、価値観や社会・経済構造の変化―大学の法人化、中央に対する地方の地盤沈下、情報技術の発展等―により、従来の学問と社会との関係、研究方法や手段、研究の基礎となる歴史資料の保存・利用環境にも激しい変化が生じている。これは、個々の研究者や諸機関が独自で対応できる問題ではなく、相互に協力し、地域社会とも連携して、各自の活動の意義を社会に示していくことが必要であろう。

 こうした現状に対して、このたび本ネットワークを設立し、研究者自らが社会の一員として主体性を持って研究に努めるとともに、社会における研究・学問の普遍的な重要性を喚起することを目指していきたい。

 

活動概要

歴史研究部門

 研究者による歴史学的な観点から加賀藩研究を行い、総合的・横断的な加賀藩研究の実現を目指す。

  • 研究例会および研究大会の開催。
  • 全国の藩研究者との交流。
  • 研究成果を纏めた会誌の定期発行。

情報発信・共有部門

 研究成果および活動情報をインターネットを活用して広く発信する。

  • 加賀藩関連研究情報のデータベース化と国内外への情報発信。
  • ポスドク研究者等を含めた研究者一般を対象とした研究コミュニティの構築。

地域貢献部門

 加賀藩研究成果の活用とそれに基づく地域貢献について議論を行う。

  • 学術研究成果を活用した地域振興に関する議論。
  • 講演会・公開講座など、一般市民に対する情報発信および啓蒙活動。