第5回634SBM「天文学と天文資料アーカイブの現状とこれから 〜 星と資料の素敵な関係とは? 〜」

第5回634SBM「天文学と天文資料アーカイブの現状とこれから 〜 星と資料の素敵な関係とは? 〜」を以下の通り、開催致します。みなさまのご参加をお待ちしております。

話題提供者:

1. 根本しおみ(国立天文台 天文情報センター ミュージアム検討室)
2. 飯野孝浩 (東京農工大学科学博物館 特任助教・NICTテラヘルツ研究センター 協力研究員)

主 催:合同会社AMANE
共 催:

日本学術振興会 課題設定による先導的人文・社会科学研究推進事業「地域に現存する学術資料を活用した地域学術観光創出に関する研究」
科研費「非文献資料リポジトリによる機関横断的学術資源群形成に関する研究(基盤研究(B):24300310)」
科研費「多様な歴史的・文化的学術資料に対する水平・垂直検索環境形成に関する研究(挑戦的萌芽研究:25560140)」

会 場:ITビジネスプラザ武蔵 オープンスペース(金沢市武蔵町14番31号めいてつエムザ4F)
日 時:2016年3月18日金曜日 18時 〜 21時
参加費:500円  *お菓子代として
定 員:先着20名

申し込み方法: info@amane-project.jp へメール または、Facebookページより申し込みください。

趣旨説明:

天文分野では、観測や解析に天体望遠鏡などの多くの観測機器が開発され、それらは多くの観測データを生み出してきました。そして近年、観測機器や観測データなどの“天文資料”に関するアーカイブ化の動きが進んでおり、国立天文台では、国内外における天体観測プロジェクトで活躍した天文資料を収集し、広く一般への公開に取り組んできました。その一方で、収集された天文資料には、未整理の資料や観測プロジェクト毎に開発・生成された、所謂“一品もの”の資料が数多く含まれており、それらをどのように将来に向けて継承していくかが、大きな課題となっています。
第5回SBMでは、これからの天文資料アーカイブのかたちについて考えるとともに、市民との関わりやオープンなサイエンスのあり方についても議論を行います。
早春の金沢で、温かい珈琲と上質なスイーツを堪能しながら、天文学と天文資料アーカイブのこれからについてざっくばらんに話をしてみませんか? みなさまのご参加をお待ちしております。

 

第4回 634 SBM「アート系情報公開の挑戦と苦悩 –権利・公開・活用の三つ巴戦–」

第4回SBM「アート系情報公開の挑戦と苦悩 –権利・公開・活用の三つ巴戦–」を以下の通り、開催します。みなさまのご参加をお待ちしております。

話題提供者:

1. 上田 啓未(合同会社AMANE)
2. 福島 健一郎(アイパブリッシング株式会社)
3. 鷲田 めるろ(金沢21世紀美術館)

主 催:合同会社AMANE
共 催:日本学術振興会 課題設定による先導的人文・社会科学研究推進事業「地域に現存する学術資料を活用した地域学術観光創出に関する研究」
会 場:ITビジネスプラザ武蔵 オープンスペース金沢市武蔵町14番31号めいてつエムザ4F
日 時:2016年2月12日金曜日 18時 〜 21
参加費:500円  *お菓子代として
定 員:先着20名

申し込み方法: info@amane-project.jp へメール または、Facebookページより申し込みください。

趣旨説明:

我々はこれまで、研究成果・学術資源についての公開・活用について議論を重ねてきました。第4回634SBMではアート分野に舞台を移し、幾つかの取り組みをご報告頂きます。
アート分野では著作者の権利が守られており、著作者に不利益が発生する安易な公開と利用は避けられるべきです。しかし一方で創作やデザインの発想の根源として作品利用の要望があるのも事実で、権利フリーの創作物や画像が多く使用されている現状では、アートオープンデータへの期待も大きいと考えられます。また作品情報、関連資料情報、論文公開についても個々の情報公開のみならず、それらの関係性が明確に分かるような複合的な検索・公開が必要とされています。
今回の634SBMでは、著作者の権利を守りつつ、適切な情報公開と活用の在り方について議論と検討を行います。

冬本番の金沢で、温かい飲み物と上質なスイーツを堪能しながら、アートのこれからについてざっくばらんに話をしてみませんか? みなさまのご参加をお待ちしております。

新年のご挨拶

みなさま、明けましておめでとうございます。2016年はAMANEにとって、設立7年目の年になります。研究者により設立された学術系企業として、これまでさまざまな学術資料に関する調査・研究・情報資源化事業に関わってきました。本年もAMANEの特長を活かした学術関連事業を通して、学術分野および社会への貢献を目指していきたいと考えております。

本年も何卒よろしくお願い致します。

合同会社AMANE 代表社員 堀井 洋

第3回SBM 「学術オープンデータに対する期待と戸惑い:加賀藩「先祖由緒并一類附帳」オープンデータ化の検討を題材として」開催のお知らせ

第3回SBM「学術オープンデータに対する期待と戸惑い:加賀藩「先祖由緒并一類附帳」オープンデータ化の検討を題材として」を以下の通り、開催します。みなさまのご参加をお待ちしております。

話題提供者:

1.一橋大学 情報基盤センター 助教 林 正治
2. 合同会社AMANE 代表社員 堀井 洋

主催: 合同会社AMANE
共催: 日本学術振興会 課題設定による先導的人文・社会科学研究推進事業「地域に現存する学術資料を活用した地域学術観光創出に関する研究」

場所: ITビジネスプラザ武蔵 オープンスペース (金沢市武蔵町14番31号めいてつエムザ4F)
日時: 2016年1月30日土曜日 18時00分 〜
参加費:500円  *お菓子代として
定員: 先着20名

申し込み方法: info@amane-project.jp へメール または、Facebookページより申し込みください。

趣旨説明:

研究活動によって得られた資料情報や研究データをオープンデータとして公開する“学術オープンデータ”の考え方や活動が近年広がりつつあります。制約が少ない自由なライセンス形態での情報公開により、学術研究に対する理解が深まり、より多くの社会的な活用の創出が期待されています。その一方で、歴史資料など個別具体的な学術資料のオープンデータ化に際しては、当事者となる研究者・関係者の多くが不安・戸惑いを抱き、解決すべき課題が存在することも事実です。

 第3回634Sweets Break Meetingでは、加賀藩「先祖由緒并一類附帳」オープンデータ化の検討を題材として、学術オープンデータ化の実情・課題と本質の理解に向けた議論を行います。

 加賀藩は藩士の数が他藩と比較しても圧倒的に多く、石高1,000石を超える上級家臣は80家を超え、このような大身の上級家臣が多数存在する藩は全国的にみても稀です。「先祖由緒并一類附帳」(金沢市立玉川図書館近世史料館所蔵)は加賀藩を構成した家臣の2/3に相当する約1万家の藩士の氏名・石高・職歴・出身などに関する網羅的な記録であり、地域史の核となる重要な歴史資料です。2009〜2012年に、科学研究費基盤研究(研究課題番号:21500247・22500229)として、約13,000家分の氏名・身分・石高などの情報がデータベース化され、現在、公開に向けた議論・検討が行われています。

 真冬の金沢で、温かい珈琲と上質なスイーツを堪能しながら、歴史資料や学術情報のこれからについてざっくばらんに話をしてみませんか? みなさまのご参加をお待ちしております。

 

第17回図書館総合展AMANEブースご来場のお礼

第17回図書館総合展では、多くのみなさまにAMANEブースにお越し頂き、誠にありがとうございました。これからも合同会社AMANEでは、学術資料の調査・整理・研究に取り組んでまいります。今後ともよろしくお願い致します。

IMG_3590