学術資料の”これまで”と”これから”のために

AMANEは、学術資料の保存・継承に貢献します。

READ MORE
地域の歴史・文化を活用し、発信する仕事

AMANEは、学術資料の新しい可能性を求めています。

READ MORE
学術オープンデータを紡ぐ仕事

AMANEは、学術資料情報のオープン化に取り組んでいます。

READ MORE
 

 

合同会社AMANEは、学術資料の保存・継承・活用を目指します。

 国内外には、時間や空間、専門分野を越えて多種多様な学術資料が存在しています。それらは、単に研究素材あるいはその成果というだけではなく、私たちの生きる世界を定義し、自分自身に意味を持たせるための重要な“学術資源”であることは疑う余地がありません。その一方、現状では、未整理のまま存在し価値が見出されていない学術資料や、研究成果と結びつけられていない学術データが多数存在しています。さらに、学術資料の調査・研究を担う研究者の社会的な活用・流動化も充分であるとは言えません。
 私たち合同会社AMANE(あまね)は、多様な専門分野を持つ研究者らにより、2009年4月に設立されました。高度な専門知識・技能を有した研究者・学芸スタッフなどの学術専門人材が所属し、学術資料の保存・継承・研究・活用などに幅広く取り組んでいます。研究者が自らの意志・能力・知識を基に、学術資料の調査・研究・活用に取り組む新しい社会貢献の形を生み出すこと―。学術資料を“物”ではなく“学術資源”と捉え、研究者や社会と連携した新しい価値の創出を私たちは目指します。