業務内容

1.学術資料の調査・整理

古文書・民具・ガラス乾板などの歴史資料を中心とした学術資料について、学芸員資格と研究実績を有した専門家が調査から保存・整理・データ生成までを総合的に実施します。「保存・整理が必要な文化財が地域に存在するが、必要な人員・予算などが確保できない」「オープンデータとして古文書の情報を公開したいが、具体的な方法を知りたい」「古い資料の塊が手元にあるが、そもそもこれが何なのか、わからないので解読してほしい」など学術資料に関する疑問・要望等をお知らせください。私たちは、豊富な経験と知識に基づいた”解”を提供します。

日本心理学会古典的心理学実験機器の調査および撮影(文教大学所蔵資料)

主な役割:

  • 学術資料の継承・公開に関する企画立案・調査研究事業の実施
  • 近世〜近現代のくずし字を含む古文書の解読・デジタル撮影
  • フィルム・ガラス乾板資料のデジタル化・保存措置
  • 掛図・絵図などの大型資料の高精細デジタル撮影
  • その他、研究者・学芸員との連携を含む学術資料に関する専門的作業全般

これまでの実施例:



2.学術資料の活用と発信

学術資料を取り巻く社会状況は大きく変化しています。これまでは所蔵機関での保存・継承が学術資料に関する取り組みの中心したが、近年、教育や観光などの分野での活用と社会への発信が強く求められています。AMANEでは、学術資料の保存・整理とあわせて、実践的な活用や発信についてもこれまで取り組んできました。学術資料の展示企画からそれらを素材としたミュージアムグッズの制作、観光コンテンツ・古文書の記述に基づいた歴史再現料理や市民イベントの開催など、資料の選定から具体的な活用アイデアの創出・製品化までを総合的に実現します。

主な役割:

  • 学術資料を活用したグッズ・コンテンツ等の企画・制作
  • 地域の歴史や文化を発信する動画・SNSコンテンツの制作
  • 博物館・資料館における資料展示企画の支援・運営
  • まち歩きやアイデアソンなどの学術イベントの企画・運営
  • その他、学術資料の活用・発信に関する全般

これまでの実施例:



3.学術資料のオープンな情報資源化

近年、オープンサイエンスの考え方の普及により、学術資料情報に誰でも自由にアクセスでき、制限なく利用可能な状態にすることが世界的に標準となりつつあります。オープンデータとして学術資料情報を公開する際には、Creative Commonsなどライセンス体系の設定のみではなく、公開情報の学術的な信頼性や個人情報・人権などに対する配慮など、様々な視点・観点を踏まえた質の高いデータの生成が非常に重要となります。AMANEでは、これまで事業・研究の両面から学術資料のオープン化に関わってきた経験をもとに、所蔵機関や研究者と連携した学術資料の情報資源化を目指します。

主な役割:

  • 学術オープンデータの生成と評価・検証
  • 既に公開しているデータの再構築・高度化
  • 学術オープンデータを利用した利活用の提案
  • その他、学術データのオープン化に関する全般

これまでの実施例: